2012年04月

透析も終わり

今日で温泉病院での透析が終わりました
 
透析行く前に急性期病院の先生から、先日先生宛に書いた手紙の件で電話がありました。
 
今までのことを話したんですが、「こうなると思っていました」と言われました。
それほど温泉病院の副院長先生と透析師長の話題(悪評)は周知のものらしいです
 
先生が唯一心配されていたのが、何処の病院に転院するかということでした。
 
転院する病院を話したところ、「透析施設も多いでしょうし安心です」と言われました。
 
ホント先生には感謝しています
 
死にそうになっていた僕を適正な処置で、いまの生活ができるまでにしてくださいました。
 
ありがとうございます
 
感謝しても、し切れないぐらいあります。
 
好きな看護師さんにもお礼を言ってきました。
それと、どうして急に転院することになったのかを話しました。
 
1ヶ月ぐらい前から話していれば、おそらく透析責任者の副院長先生に話が行くと思います。
そうすれば、おそらく副院長先生は「してやったり」みたいな考えを持ち、副院長先生が紹介状に
「良からぬこと」を書くと思います。
 
それを防ぐため、急に転院するというようにしました
 
外来透析の先生には良くしてくださったのに、このような形にしてしまって申し訳ございませんでした。
 
外来透析の先生にも感謝しています
 
ありがとうございました

引越ししました

今日、引越ししました。
 
といっても、パソコンとプリンタとハードディスク、ソフト(CD-ROM)だけ持って行っただけです
 
1年半前実家に戻るとき、テレビとか洗濯機とか全て処分したので、家電は何も持っていません
 
明日温泉病院での最後の透析になるため、今日は荷物を持って行っただけで実家に戻りました。
 
明日透析をして、明後日完全な引越しとなります
 
家電が一切無いので、いま部屋にはパソコンとプリンタとハードディスクが置いてあるだけです。
 
カーテンも無いですし、照明も無いですし、洗濯機も無いですし、冷蔵庫も無いです。
もちろんテレビも無いです。
布団さえも無いです。
 
火曜日はどうなるんだろうと考えています
 
部屋は借りましたが、駅で寝ている人が僕より多分温かいと思います
 
はぁー本当にやっていけるんだろうか
 
生きていけるんだろうか
 
生きていけないのであれば、苦しまなくて死にたいなぁ
 
贅沢かなぁ。

手紙を渡しました

今日、1年半前透析を始めた急性期病院に行きました。
 
病院で経験した、経験させられたことを知らせるためです。
 
1年半前に入院していた病棟に行きました。
 
ただ何となく恥ずかしくってナースステーションには行けませんでした
 
一番手前の病室を回ってられた看護師さんに手紙を渡して帰りました。
 
これで病院の副院長先生と透析師長が反省してくれればと思います。
 
まぁこれでも聞く耳を持たないのが副院長先生と透析師長なんで、そういう希望はあるものの
無理なのは判っています
 
聞く耳を持っていたら、人を殺しそうになったら罪を認めるでしょうし、医療ミスを隠蔽するため
脅すなんてことはしない筈です
 
手紙を渡すとき、実は少し考えました。
 
手紙を渡せば確実に温泉病院の評判は悪くなります
 
悪くなれば、良くしてくださった外来透析の先生に悪い、好きな看護師さんに悪いと思いました
 
でも色々考えた結果、病院としては患者さんにマズイと思い、手紙を渡しました。
 
少しでも良くなってくれればと思います

手続き終了

不動産屋さんに契約書を送付しました
 
契約書に押印するため親に実印を借りましたが、親は全くの無言でした
 
「もしかしたら止めてもらえる」と思っていたのが馬鹿らしく思えるほどでした
 
あと、今日透析中に先生に引っ越すことを話しました
 
理由は言いませんでしたが、先生はかなり困ってられました
 
通常は1ヶ月前に言って色々準備するらしいです。
 
先生、ホント無理言ってすみませんでした
 
先生にはホント感謝しています
 
先生に引っ越すことを話して先日電話した病院のことを言いましたが、その時点では怖かったです。
病院がまだ決まっていないこともありましたが、死というものを感じたからです。
 
「本当に引っ越して良いのか」「1人暮らしすれば孤独死になる可能性高いな」「本当に生きられるのか」
「死ぬときは、またあの苦しさを経験するのか」
 
色々な考えが頭をよぎりました。
 
先生が病院に電話され、水曜日から引っ越し先で透析できるということを聞き、諦めました
 
先生に話したときは怖かったので、そのときは1ヶ月ぐらい延ばそうかと考えていました。
 
でも了解が出て、諦めました。
 
好きな看護師さんとも会えなくなるけど、それが一番引っかかっていたけど諦めました
 
もう引っ越して頑張るしかないです。
 
たとえ、その先に「死」というものがあったとしても

入金してきました

今日ギリギリまで待って入金してきました。
 
「嫌な思いして生きながらえるより一瞬でも良いから楽しく生きたい」と思ったからです
 
実家に居れば、親から疎外され無視され弟から疎ましがられますが長く生きることはできます。
引っ越しすれば、いつ「孤独死」になってもおかしくない生活になります
加えて透析に行くお金さえ捻出するのが難しくなりそうですし、透析前の苦しさは必至だと思います。
 
でも、これ以上こんな家族と一緒に居たくないと思いました
 
「孤独死」は十分ありえます。
 
十分ありえるのに1人暮らしするのは、自損行為と同じです
 
でも、できれば無駄に死にたくはないです。
 
人のためになって死にたい
 
病気になって悲観的になっているのか、何度「いま戦時中だったらなぁ」と思ったか解りません。
 
戦時中だったら人のために死ぬことができます。
 
たとえ、結果人のためにならなかったとしても、死ぬ動機が人のためであれば良いと思っています
 
そう思わせるほど、僕は追い込まれています
広告
ギャラリー
  • 今日も透析
  • 今日も透析
アーカイブ
カテゴリー