2012年10月

いよいよ明日から

いよいよ明日から仕事だ
 
今月中旬に会社が決まり、準備等があるということで、11月からの勤務になった。
 
ちなみに、5年ほど前に辞めた会社の1階下のフロアになる
 
今回は6階だ。
 
5年ほど前に辞めた会社は7階で、隣の会社とも付き合いが多かったので、ある程度7階は知っている。
 
おそらく、近いうちにバレるだろう
 
変な形で7階の会社を辞めたんで、キマヅイなぁ
 
でも、しょうがない。
 
6階の会社しか採用されなかったんだから。
 
仕事頑張って、勉強も沢山しよう
 
不採用にした会社を見返したいから。
 
何で不採用にしたんだろうと思われるぐらいに、勉強しよう

MSの挑戦

Windows8をリリースすることにより、MSが挑戦に出た
 
これまでは小さい機能追加はあったものの、WindowsはMacを追う形になっていた。
 
Macを追う形になっていたから、ユーザーに受け入れられたのだと思う。
 
MSはWin7で.NET Frameworkのスムーズな動きを実現し気を良くして、Win7でタッチパネル仕様を
テスト的にリリースした
 
今日のタッチパネル需要もあいまって、Macが触手を伸ばしていないタッチパネル仕様をMSはりリースした。
 
完全に挑戦だ
 
これが吉と出るか凶と出るか。
 
業務でPCを使う場合、現行ソフトでは無理があるため、ソフトを作り変える必要があるだろう
 
業務の現場などではタッチパネルは歓迎されるだろうが、システム開発の現場ではタッチパネルは
無理がある
 
それを考えると、Editionで変えるみたいなことをやって欲しいと思うなぁ。

石原都知事の辞任

石原都知事が辞任した
 
国政に出るらしい
 
いまの内閣を見ていて、ガッカリとしか思えない
 
国民の血税の復興予算の流用問題なんか国民をバカにしているとしか思えない。
 
何のための増税なのだろうか
 
震災地復興のための増税なのに、国民から集めた血税を醜く取り合っているだけじゃないか。
 
復興はどうなるんだ
 
総理と各大臣が官僚に負けているだけじゃないか
 
いまでも被災地では、仮設住宅で不自由な暮らしを余儀なくされているのに
 
何かのテレビで言っていたが、もう国には任せられない
 
石原都知事だけでは国政は変えられないと思うけど、必ず一石にはなる。
 
この一石を投じることが重要だと思う。
 
必ず流れが来る筈だ。
 
でも石原都知事のような「ご老体」に頼らなければならない状況を、もっと憂えなければいけないと思う。
 
それ程いまの国会議員は「保身(選挙)と政権交代」を優先していると思う
 
いま国民は不況で苦しみ、被災地では辛く厳しい生活を余儀なくされている
 
何が国民のための政治だ
 
もっとデフレ脱却、震災地復興を考え、力を入れるべきだ

私の中のあなた

「私の中のあなた」という映画がある
 
腎不全の姉に妹が腎臓を提供するのを嫌い、父母を訴えるという映画だ。
 
映画の後半で訴えた真相が解るけど、映画を観ていて僕の状況と変わらないと思った。
 
もちろん姉は腎臓を提供されなかったら、死んでしまう
 
妹は何て自分勝手なんだろうと思った
 
僕には弟と妹がいるが、どちらも腎臓を提供するなんて言わない。
 
それどころか、父親と弟は僕を家から追い出した
 
まるでイヌやネコを捨てるみたいに。
 
父親は僕が手が掛かるから、弟は僕がいるため居間でテレビが見れないからだと思う。
 
こんな親族は聞いたことがない
 
僕が死んだとしても我関せずなのだろう。
 
今後僕は実家に帰ることはないだろう
 
弟や親とは、もう話したくもない。
 
できれば籍を抜いて欲しいぐらいだ。

角田美代子

先日透析に行っている病院の方から、「角田美代子」のことを聞かされた
 
僕は、この事件余り知らないので、今日テレビで見たり、ネットで調べたりしてみた。
 
このような猟奇的な事件は心が痛む
 
殺人をするとき、どのような気持ちなんだろう
 
何とも思っていないのだろうか
 
何とも思っていないから出来るんだろうな。
 
以前学生のとき同様なコンクリート事件が、僕が住んでいた近くで起こったのを思い出した。
 
映画でよくあるパターンのやつだけど、実際やるなんて想像もできない
 
保険金殺人も絡んでいるっぽい。
 
お金なんて死んだら何もならないのに、あの世に持っていけないのに。
 
木嶋被告も練炭で殺人していたみたいだし、猟奇的な事件を起こす人は心が病んでいると思う
 
心が病んでいるのを判らず生活していて、お金絡みで殺人を起こしているのだと思う。
 
心が病んでいるから、猟奇的殺人を何とも思っていないのだと思う
広告
ギャラリー
  • 今日も透析
  • 今日も透析
アーカイブ
カテゴリー