2014年05月

最近酷い

最近、病院での対応が酷すぎる
 
透析の時は、体に蓄積された水分を除去する。
 
原理的には、血液中の水分を除去して、血液中の水分が減ったため血液の中に体に蓄積された水が
取り入れられ、体から水分が除去されるというものっぽい。
 
最近、透析時間内で水が引けないということで、病院で出る夕食を食べるのを禁止されている
 
ゴハンを食べると血圧が下がって、水が引けないから。
 
ということは、透析が終わって、家で食べることになる
 
家に着くのは、23時30分。
 
透析中は、寝ることも許されない
 
血圧が下がって、水が引けないから。
 
夕食食べれなくてお腹空くし、お腹空くのが辛いから寝ようとすると、看護師さんから寝ないようにされる
 
僕がそんな辛いのに、看護師さん達は、交替でゴハンを食べている。
 
何か酷い。

言っちゃった

昨日、隣の人に僕が作っていたシステムのバグのルートを今日探すようお願いをしてた
 
隣の人は了解と言っていた。
 
けど朝から、先週と同じで、隣の人は自分の作業をしていた
 
僕は、言おうと思ったけど、僕の仕事が忙しくて、何も言わなかった。
 
10時ぐらいになって、隣の人は自分の作業の関係で客先に行くと言い出した
 
この時点で、隣の人は僕が作ったシステムを30分程度サラッと触っただけだった。
 
「すぐ帰ってきますんで」と言って隣の人は行った
 
で、帰ってきたのは17時前後。
 
それから自分の作業の報告を上司にしていて、17時30分。
 
それから、電話サポート等があり、18時30分。
 
それでようやく、隣の人は僕がお願いしてたバグのルートを探す作業を始めた
 
1時間ほど触って、「帰ろうかな」と隣の人は言い出した。
 
なめてんのか
 
さすがに酷いので、言ってしまった。
 
「帰っても良いですけど、先週のようなことはやめてください」
「テストをお願いしてたのに、テストせず自分の作業をして、それがあって作業が遅くなり、何とかリリースまで
持っていったら、隣の人は自分の作業報告を上司にし出して」
「で、僕が管理職から怒られて」
「どう思いますか」
「僕は何故僕が怒られなくちゃいけないんだと土日考えていました」
 
隣の人は「スミマセン」とだけ言って帰って行った
 
僕は最終バスまで1人で残ってエラーチェックをした。

いつまでやってんだ

僕の隣の人は、資料を作るのが不得意だ。
 
技術者は、プログラムをするだけじゃない
 
バグがあったときの障害資料や正確なフローを、場合によっては作らなくてはいけない
 
その資料は、当然のことながら上司や技術者以外の人が見て解るようなものでなくてはいけない
 
それが、隣の人はできない
 
「資料を作る経験がないから」と本人は言っているけど、資料のフォーマットなんてどうでも良い話で、
他人が見て解るようなものを作るだけの話だ。
 
僕が思うに、隣の人は隣の人だけが判る決め事を決めてて資料を作っているっぽい
 
当然隣の人以外は、その決め事を知らないし、資料だけを見ると何のことだか全く解らない。
 
フローチャートも自分勝手な書き方をしてるんで、何のことだか解らない
 
フローなんて知らないなら調べれば良いのに、調べようとしない
 
だから、いつまで経っても訳の分からないフローを書いてしまう。
 
いま隣の人が作っている資料も、本来なら半日で出来るものを、1ヶ月近くやっている
 
そちらばかり注力しているため、僕がお願いしてたテストなんか全くしない
 
それで、期日に間に合わなくて、先週管理職から僕が怒られた
 
正直怒りたかったけど、隣で見ていて、怒る気も諭す気も失せてしまった。
 
仮に怒ったり諭したりしても、彼の場合は、その場限りの返答しかしない
 
だから僕は、いけないんだけど、何も言わなかった。
 
けど、資料1つに、いつまでかかってるんだ。

ちょっと感動

今日上司に、ちょっと感動してしまった
 
というか、感心させられた。
 
去年から作っていたシステムにバグがあった
 
どうしても、2つのデータだけダウンロードできなかった
 
それが、ココ2週間ほどエラー報告があって、バグ解除できないでいた
 
困り果ててたとき、上司からダウンロードのところのフローを書いてくださいと言われた。
 
僕はフローを書いて提出した。
 
そのフローを上司はジックリ見て、論理的なバグがないかどうか調べていた
 
で、見つけ切れなかったバグを、見つけてくれた。
 
僕は、その時感心した
 
いままで、上司はそんなに技術力無いなと思っていたけど、悪かったなと反省してしまった。

怒れなかった

僕は、殆ど怒らない
 
僕が怒れば、怒った後僕自身嫌な思いをするし、怒られた方も嫌な思いをする
 
結果、怒った方も怒られた方も嫌な思いするだけになってしまう
 
だから僕は怒るというより、諭すという感じになる
 
先週隣の人が、故意的なのか何なのか、これからリリースするというのにリリースしてくれなくて、自分の
作業報告を上司にしていた。
 
テストをお願いしても、テストは全然せず、自分の作業結果を見直していた。
 
リリースが夕刻と決まっているのに、隣の人は自分の作業しかやらなかった
 
リリース作業を隣の人にお願いしていた僕が悪いのもあるけど、目前に迫ったリリースに関連する作業より
自分のことを優先したのが僕は許せなかった
 
今日は、怒っているというのを暗に知らせつつ、先日の行動は間違っているというのを言うつもりだった
 
けど、ココ3週間上司に報告書を提出して、つき返されているのを続けている隣の人が不憫に思われ、
話せなかった。
 
でもチーム開発に、スタンドプレイは御法度なんだけどなぁ。
広告
ギャラリー
  • 今日も透析
  • 今日も透析
アーカイブ
カテゴリー