2016年09月

大変だね

今日透析のとき、病状の話を男の看護師さんに話した。

嚢胞が動いたとき強烈な痛みがあること、咳が止まらないこと。

酷くなると、呼吸さえ出来なくなること。

で、返答は「大変だね」。

完全に他人事。

まぁ他人だから他人事なんだろうけど。

患者は、相談出来る人が先生と看護師さんになる。

「大変だね」で返されたら、僕ら患者は誰に相談すれば良いのだろう。

胸焼けが治らない

特に暴飲暴食をしてるわけではない。

今日の夕食もそんなに食べていない。

なのに、胸焼け。

嚢胞が胃を圧迫しているためなんだろうか。

だから少し何か食べれば胸焼けするんだろう。

もう年貢の納め時かも。

もう腎臓を取らなくちゃいけないかも。

頑張ってきたけど、もう無理かな。

咳が止まらないのを聞いてみた

今日透析のとき看護師さんに、咳が止まらないのを聞いてみた。

僕は嚢胞が、せり上がってきて気管を圧迫して咳が止まらないんじゃないかと思った。

で、次第に呼吸が出来なくなるんじゃないかと思った。

看護師さんに話すと、鼻で笑われた。

そんな訳ねーだろってことだろう。

とりあえず、水曜日の定期血液検査をみてからと言うことになった。

血液検査で風邪かどうかが分かるらしい。

風邪かどうかのチェックかよ。

お腹が大きくなり過ぎて

お腹が大きくなり過ぎて、何をするにもツライ。

太ったのであれば、お腹だけじゃなく、足も腕も大きくなるハズ。

けど足も腕も細いまま。

お腹だけ膨らんでいる。

明らかに肥満によるものではなく、嚢胞肥大によるもの。

素人の僕が考えて分かるのに、透析に行っている病院の先生、看護師さんは「病的な太り方じゃない」と言っている。

根拠となるものが無い。

もし嚢胞の肥大によるものなら、非常にヤバいのに。

病院の先生、看護師さんはどう考えてるんだろう。

送別会

昨日はプロジェクトの送別会だった。

9末で僕らのチームのリーダーが辞める。

で、10月から僕がリーダーになる。

リーダーの経験は少ない。

ホントに僕に出来るのか、ここ数日悩んでいた。

が、昨日閃いた。

現リーダーからは、プログラム、データベースを理解する必要は無い、仕様を理解して欲しいと言われていた。

だから悩んでいた。

僕が得意なのはプログラム。

なら、プログラム、データベースを理解し熟読して仕様を把握すれば良い。

通常ならあり得ないが、下流からのアプローチ。

こう考えることにより、気分が楽になった。
広告
ギャラリー
  • 今日も透析
  • 今日も透析
アーカイブ
カテゴリー