2017年07月

意識がなくなった

先日の透析中、意識がなくなった。

その日は咳が酷くて。

座ってて酷く咳き込んだとき、意識がなくなった。

気付いたのは、ベッドから落ちて看護師さんから揺り起こされたとき。

今まで酷く咳き込んで意識がなくなるのは結構あった。

が、透析中は初めて。

針が抜けると死んでしまうらしい。

分からないけど、ベッドから落ちるとき無意識に左手を庇い、左肩から落ちたみたい。

左肩が妙に痛かった。

はれてもいた。

早く尿毒症治さなきゃなぁ。

金曜日は送別会

今週金曜日はpjを7末で離任する人の送別会。

僕も離任する1人。

が、透析があるから出席できない。

まぁ飲み会自体好きじゃないし、イイかなと思っている。

それに8月から同じ会社でpjが変わるだけなので交流があるし、毎日会ったりする。

飲み会はお腹をイジられるから面倒クサイ。

あと独身というのを説明するのが面倒クサイ。

説明すれば場を確実にシラけさせる。

そんなだから飲み会はキライだ。

両足にマダラ模様

いま、両足にマダラ模様のアザみたいなのが広範囲にある。

痛みや痒みは全くない。

スネあたり。

3mmくらいの赤黒いアザが無数にある。

透析を始める前にもあった。

皮膚科で聞いた。

腎臓が機能してないために出るアザらしく、薬はない。

透析を始めて一気になくなったが、数年前からまた出た。

今の透析の効果が無いということなんだろう。

痛い思いして透析して効果が無いなんて何なんだ。

あり得ない痛さ

先日新しい場所に穿刺した。

手首から7~8cmのところ。

シャントから3~4cm。

あり得ない痛さだった。

叫び声が部屋中響いたと思う。

穿刺後は息が絶え絶えになった。

ビリビリ感はずっと続いた。

1時間くらいして、何故こんな痛い目にあわなきゃいけないんだろうと考えてたら、自然と涙が出てきた。

抜くときも半端なくて、叫んでしまった。

何cmか離さなきゃいけない

昨日透析のとき、次回は穿刺位置を変えると言われた。

一度も穿刺したことがない場所。

最初メチャメチャ痛かったのが記憶にある。

しかも次回、明日はシャントのすぐ近く。

透析始めた頃、シャントから最低何センチか離して穿刺しなくちゃいけないと聞いた。

何センチかは憶えていない。

そのことを今の病院の人は知ってるんだろうか。

穿刺場所によってはシャントに刺さる位置。

コレって大丈夫なんだろうか。

不安だらけだ。
広告
ギャラリー
  • 今日も透析
  • 今日も透析
アーカイブ
カテゴリー