2018年04月

オーバーナイト透析

オーバーナイト透析というのがあるらしい。

羨ましい。

寝てる間に透析するらしい。

朝6時とか7時に終わるらしい。

そのまま仕事に行ける。

朝シャワーを浴びたいけど、オーバーナイト透析の場合無理だろうなぁ。

あっ、でも僕には無呼吸があるっぽい。

だからオーバーナイト透析は無理か。

オーバーナイト透析だったら透析時間長くなるし、尿毒症も無くなるだろう。

でも無理だなぁ。

休出

今度の休み、休出する可能性が出てきた。

言い訳にならない。

僕のプログラムの品質が悪いため。

恥ずかしい。

僕のレベル低すぎっ。

何故周りの人と同じように出来ないのか。

自問自答を繰り返してきた。

が、僕のレベルが低いという答えにしか辿り着かない。

ここまで差があるものなのか。

今までの僕は何だったんだ。

勉強しなくちゃいけない。

クレアチン

クレアチンは高いまま。

15。

昨日「尿毒症のままだったら、どのくらい生きられますか?」と透析に行っている病院の看護師さんに聞いた。

うやむやにされた。

ハッキリと言えなかったんだろう。

フォローも随分あった。

「そんなに悲観することはない」

「一概に言えない」

突っ込んでみた。

「年1で測る透析後の血液検査、クレアチン2桁でしたし、毒素が溜まってるんじゃ」

「最近透析ない日でも、体がダルいんです」

無言だった。

何気に僕の考えあたってんのかなぁ。

ウィルス

金曜日夜、透析中にホーム画面に見知らぬアイコンが表示されていた。

NEWSという赤いアイコン。

メッセージに赤いビックリマークが表示されていた。

アプリ入れてないのに何だろうと思い、何気に起動してみた。

ようこそ画面が表示され、そのまま終了した。

ウィルスではと不安になった。

仕事先のリーダーにメール。

透析が終わってリーダーに電話した。

とりあえず仕事先の人の電話番号を削除した。

翌日アップルに聞いたら、問題なさそうの回答。

iOSに感謝。

念のため1w様子を見ることにした。

泌尿器科

透析に行っている病院の先生は、先日別の病院の腎臓内科の先生から透析不良を指摘され、何故か僕に激昂し僕に文句を言ってきた。

で、「もう腎臓内科には絶対に紹介状を書きません」と僕に言い放った。

先日腎臓内科と同じ病院の泌尿器科を何故か紹介された。

そのときの返信の手紙に、腎臓内科から透析不良が指摘されていると書かれていたっぽい。

泌尿器科では、「ウチの範疇ではない、腎臓内科が中心になって治療しないと」と言われた。

ということは、今後泌尿器科に行っても同じことを言われるだけ。

結果、咳や嚢胞のサポートは今後何も出来ない、させてもらえないということ。

担当医が患者の意向を無視する、担当医の勝手で治療させない、こんなことが許されるんだろうか。
広告
ギャラリー
  • 今日も透析
  • 今日も透析
アーカイブ
カテゴリー