2021年06月

またpcr検査

またpcr検査。

熱が37度を超えたため。

常に37度を超えてた訳ではなく、何回か37度を超えた感じ。

体調は悪くない。

むしろ良いのではと思う。

ちなみに、まだワクチンは接種していない。

会社員は接種しているのに。

もう基礎疾患患者は後回しなのかも知れない。

僕ら基礎疾患患者は早くに接種できると期待させられ、実際は後回しと期待感を潰された。

自治体に振り回された。

僕ら基礎疾患患者は危険に晒されている。

検査結果に

僕は検査結果に左右されてしまう。

検査結果が悪ければ、何故か体調が悪くなる。

検査結果が良ければ、何でもなかったり妙に元気が出たりする。

前回の隔離透析明けの血液検査の結果が凄く悪かった。

クレアチン19くらいあったと思う。

で、具合が悪くなった。

僕が知る限りクレアチン19は、死にそうな数値。

透析始める前に地元のクリニックにかかり、点滴と念のため血液検査をした。

地元のクリニックは小さい頃から面倒をみてくれた安心できるクリニック。

副院長は僕の高校の同級生。

血液検査をした翌朝早く緊急電話がかかり、大至急総合病院に行くよう言われた。

それほどまでなのがクレアチン19。

でも透析に行っている病院では何ともないという判断。

大したことないのかなぁ。

3時間透析2日目

3時間透析2日目。

あいかわらずspo2は90。

体の調子は変わらない。

むしろ良いのではと思うくらい。

足の痺れさえ無ければとか思う。

左足も痺れ始めてきた。

右足だけでも歩き難くてツラいのに、左足もなんて。

正直車椅子なんて凄くイヤだ。

3時間透析

昨日から3時間透析。

体調は変わらない。

が、指ではかるspo2が何度はかっても90しかなかった。

透析不足が進行すれば息が出来なくなる。

もがきまくっても息が出来ない。

何となく酸素ボンベから酸素が無くなって深海100mにいるときの絶望感に似てるように思う。

潜ったことはないけど。

どうしようもない絶望感。

看護師さんに息が出来ないことを話すと、大丈夫よと言われただけだった。

どうやって、あの窮地から脱出したか忘れた。

もうあんな苦しいことは経験したくない。

咳が酷くなった

窓を開けて寝てしまった。

咳が少し酷くなった。

熱は37度。

鼻水が少し出る。

透析に行っている病院に電話したら、pcr検査に行って隔離透析と言われた。

37度は朝、いまは36.5度。

咳は無くなった。

いつもに戻った。

なのに隔離透析。

隔離透析は、3時間。

また死にそうになるなぁ。
広告
ギャラリー
  • 今日も透析
  • 今日も透析
アーカイブ
カテゴリー